高齢者の健康は食事から|長寿を目指してチョー充実

柔らかくて栄養素が高い

介護

高齢者は歯や顎が弱く、噛む力が若い人に比べるとほとんどないので、食事に気を使ってあげることが大切です。見た目にも特化した柔らかい食事でストレスなく高い栄養を補うことができます。

» 詳しく見る

好む食事について知る

介護

高齢者が好む食事は主に柔らかく飲み込みやすいものです。一口大にカットしたり、繊維を断ち切ったりなどの工夫で高齢者もストレスなく食事をすることができます。主食・主菜・副菜のバランスに注意しましょう。

» 詳しく見る

日々の元気のために

エステや整骨院には欠かすことが出来ない施術ベッドをここで揃えよう。品質が良いということで高評価を集めていますよ。

あらゆる事業所に必要となってきます。介護ソフトの導入を検討してみませんか?今までとは全く違うスピードで仕事を進めることが出来ます。

介護

高齢者は日々の健康のためにも食事に気を使う必要があります。その中でも高齢者が抱えている問題の中に食材の硬さが挙げられます。高齢者は歯や顎が弱く硬い食べ物が噛みづらくなっています。そのため、柔らかく飲み込みやすい食事を好むようになり、栄養素が極端に偏ってしまうのです。一人暮らしの高齢者が親族や身近にいる場合は、定期的に様子を見に行くと適切です。日頃どのような食事を摂っているのか聞き、改善が必要な場合は対策を施す必要があります。最近では栄養素の高い食材をデリバリーしてくれるサービスを行なっているところも多くあるので、こういったものを利用するのもひとつの方法です。噛みやすく飲み込みやすい食事から日々の栄養を補うためにも、使用している食材にも考慮しましょう。

食材を柔らかくするためにミキサーにかける人もいますが、それだと見た目が悪く食事を楽しむことができません。食事はまずは見た目から入ることが大切なので、高齢者の食欲がすすむように見た目にも注意しましょう。インターネットにはこういった見た目に気を使った食材を配達するサービスサイトがあります。見た目は食材本来の形をしているのに箸を入れるとほろりと崩れるほど柔らかく仕上がっています。こういった介護食を使用すれば、料理が苦手な人でも安心して高齢者に食事を楽しんでもらうことができます。手作りする際も、そうでない際もたんぱく質を多く摂取してもらえるように調理方法に注意し、1日に30品目を目安に料理しましょう。主食・主菜・副菜のバランスが整った食事を1日に3回摂ることが大切です。

ラッピングして贈り物もできます!介護用品は通販で買うという選択肢もあります。こちらは、商品数1,000点以上で品揃えが充実しています。

高齢者の食事に気を使うならこちら。食材に酵素をつかい、品質はそのままでおどろきのやわらかさを実現しています。

介護食で健康な毎日

介護

高齢者に必要なのは若い頃と同じくらいの豊富な栄養素です。特にたんぱく質は骨や筋肉を構成する上で大切な成分なので、さかなや肉、たまごや大豆などから積極的に摂取しましょう。

» 詳しく見る